トルコ旅行 3日目

旅行

おはトルコ(現地時間朝5時)

朝ごはんもバイキングです!朝からあったかいスープ飲めるのめちゃくちゃ嬉しい、イタリアは暖かい汁といえばカフェラテくらいしかなくて難儀した思い出があります

この辺りでトルコはめちゃくちゃチーズ文化だということに気づく 見てこれ 四角いやつ全部チーズだかんね

チーズとヨーグルトの手を変え品を変え感がすごかったです とりあえずサラダにはヨーグルトソースがかかるしフリッターにもヨーグルトかけて食べるんだって マヨネーズ扱いなのかもしれない 乳製品の消費がパねぇです

ホテルを出たらここにもネコチヤンが 人懐っこくてみんなデレデレでした かわぇ~

今日も今日とてバスで移動移動 途中休憩をはさみながらエフェソス遺跡まで向かいます パーキングエリアのおやつがかわいい

海外に行ったらトイレは撮っちゃうよね

エフェソス遺跡に到着~


神殿跡地の柱のてっぺんに鳥の巣ができています 一等地じゃん



ここもネコチヤンがいっぱいいて遺跡だの猫だの見るところが多いな~!って感じです 劇場もあるし床のモザイクタイルとか娼館とかポンペイ味っぽいところありましたね ローマは広いな~!!勢力が強いな~!!

劇場跡でウン千年前に想いを馳せてニッコリするタケユキ

お昼ごはんはなんとトルコの民家で手料理をご馳走になります!!これがむっっっっっちゃくちゃ美味くてぇ!!!!!!ほんっっっっっとうに美味しくてぇ!!!!!!!

後から聞いた話なんですけどトルコってちょっと前まで食料自給率100%以上で食材が豊富だったんですって だからかはわからないんですけど(わからないんか~い)(関連性の裏付けが取れていませんので…)(私は誠実に生きておりますので…)野菜料理の豊富さったらなかった マジでうまい その家のママが取り分けてくれるんだけどほうれん草の炒め煮やらピーマンの肉詰めやらインゲンのオリーブ炒めやらマッシュルームと玉ねぎのグリルやらトマト&じゃがいも&長ネギ!なんて組み合わせもあったりで楽しいしおいしいしで脳がえらい忙しい


食後のお菓子にチャイまで頂いておなかパンパン レモネードまで自家製ですって めちゃくちゃ美味かった…レシピ教えてほち…

このお宅訪問、元々ツアー内容には無かったんですよね 現地ガイドのアイチャさんがホストファミリーの方と仲良しで、急遽セッティングして頂けたんですって おうちもかわいかった 本当にありがとうございました!

さてさてまた移動でございます トルコのおうちは色もかわいくて街並みが楽しい どんなに小さな集落にもモスクがあります 塔が立ってるので遠くからでもわかるのだ 休憩挟みながらどんどん移動~




これ一回ぱちっと目が合っておっと…と思って2人とも目をそらしたんだけどまたお互い見ちゃったのでそれぞれエヘヘって感じではにかんで手をふり合ってます 似たもの同士かよ ウケんね こういう”おそらく一生出会う事がなかったであろう人々の一瞬の交流”ってなんだか不思議な気持ちになります あのお兄さんはトルコで生きてゆくのだな… 達者でな…

うとうとしてるうちにパムッカレに到着!だいぶ近づいた時点で目が覚めたのでいきなり眼前に広がる白い大地 一部だけマジで真っ白、テクスチャ貼り忘れ ゲレンデっぽさある 

石灰質の温泉が地表を這うように流れ出ているので石灰が固まって白い地表を形成していってるんですって

紀元前からこんな感じらしくて大昔の遺跡に加え最近退去させられたホテル跡地なども残っておりマジで様々な年代の”遺跡”がある…たまらん…2000年前の遺跡と15年前の遺跡…わかる…景勝地には何がしかを建てたくなるよね…人類愛おしい…ラブ…

ぶっちゃけパムッカレが個人的に今回のトルコ旅行イチでした マジですげー トルコ行くならイスタンブールとカッパドキアは押さえとけって雰囲気じゃん?パムッカレも入れてくれコレ…行った方がいい… あまりのヤバさにざべすと終始「えー!?」「嘘でしょ!?」って言いながらゲラゲラ笑ってた 脳の処理が追いつかなくなると人は笑ってしまうのだ…大爆笑だよ… 

ムービーで撮ったけど「湧き出る温泉…流れによって形作られる真っ白な棚田…羽ばたく鳥…浮かぶ気球…眼下に広がる湖…そして街…道路を走る車…遠くまで広がる田畑…途方もなく大きな山脈と大地…背後には紀元前の遺跡…人類…命…地球…世界…」みたいな情動がすごい場所でした みんなパムッカレ行こう

パムッカレから弟にLINEのビデオ通話したんだけどちょうど東京でライブ終わった後の打ち上げしてました 突然のトルコからの入電悪かったの いやでも見てよコレ…見てほしくなっちゃうでしょ…お前と共有してぇんだこの絶景を…画質は悪かったみたいです

そしてなんと湧き出てる温泉で足湯ができちゃいます 入湯できる世界遺産 やべー 

冬なのでめちゃくちゃ冷たい岩もあり「ギュワー!」言いながらノタノタ入ったんですけどあったけ~~ 絶景~~ 世界中の言語が聴こえる~~ 気持ち良い~~ 何これ~~ って感じでめちゃくちゃオススメです

入湯できる世界遺産でもTwitterはやめらんねぇ そういう風にできている

夕方までパムッカレを大満喫 遺跡の方の観光ルートもあって1日いられる感じでした やべー パムッカレやべー

日没とともにホテルへ移動 この日のホテルは温泉を利用した温水プールなどが楽しめる5つ星のスパホテルとかいうブルっちまうタイプのお宿です 部屋の目の前がプールとか日本じゃできない作りをしてました

ざべすと「日本だとやっぱ湿気がやばいんじゃないか」みたいな話をする こっちは乾燥してるからできるんじゃないかな それでもしっとり感やばそうですが… 本日の領土は平等だったので戦争は勃発しませんでした 平和が一番

晩ごはんはバイキング(ありがたい)ざべすがルッコラだと思って大量のミントを盛った(←マジで意味わかんない)サラダを生成していて嘘だろって感じでした それはもうトルコ料理の味が不思議とかじゃないじゃん…単独事故じゃん…面白すぎる この日もケバブやら野菜料理やらスイーツまでめちゃくちゃ美味しかった!なんか盛り方もオシャレでしたわ さすが5つ星 地元の人が結構来るらしいですよ わかる 地元にこんなスパホテルあったら行くわ 

ざべす曰くマッサージはクソだったらしいんですが(タケユキは利用しなかった)マッサージ予約する時に
ざべ「後でもっかい来るって何て言うんだ!?」
タケ「I’ll be back.じゃない!?」
つってなんとなく伝わったっぽいのめちゃおもろくてしばらく2人でゲラゲラ笑ってました アホだ~

何でだよ

トルコのテレビ番組で紹介される謎の日本文化を見ながら今日はおやすみ…

ざべすの旅行記も併せてどうぞ→ トルコ旅行記3日目 1月26日前編|ざべす

コメント