トルコ旅行 2日目

旅行

さて到着したのはイスタンブール空港、現地時間はだいたい7時ですがめっちゃ暗い、8時くらいにようやく明けてきます タイムゾーンどうなってんの?もうちょっと遅くしたほうが良いんじゃない?

我々がイスタンブールへ着くちょっと前にトルコの内陸部で大きな地震があったらしく、フォロワーさんたちから心配のリプが来てました 無事だよ~ ありがとう めっちゃ離れてるので大丈夫だよという図説です

トルコってでっかいね!

ということで今回の旅行ルートはこんな感じ

陸路で海沿いの遺跡を見てからカッパドキアまで攻めたあと飛行機で再びイスタンブールへ戻ってきます 飛行機で飛ぶ距離を陸路で3日かけて攻めるのだ 一体我々の腰はどうなってしまうのでしょうか

さぁさぁ日も昇ってガソスタで休憩 トルコでもカフェラテは欠かせません 10リラだったかな(約200円)砂糖いる?って聞かれたから要るっつったらわざわざお姉さんが角砂糖の小包装破って入れてくれました 優しさ
イタリアもそうだったけどトルコにも野良犬がめっちゃいる めっちゃいるし結構でかいので遠目に見守りますがフレンドリーに寄ってきたりする 圧がすごい

もう少し移動してバスごとフェリーに乗ります イスタンブールから南へ向かうと即マルマラ海があるので陸路ぐるっと行くより渡っちゃった方が早いんだね

天気も良くて眺めが良い!港町はジブリって感じでめちゃくちゃ可愛かったです ラブ… フェリーでパンとか売ってたんだけどパンを欲するカモメが群を巻いていてすごかったです (おそらく)現地のお姉さんがパンをわけてくれて我々もカモメアタックができました 親切なお姉さんありがとう~!


フェリーは日常生活の移動手段って感じで地元の人も車積んで乗ってた すごい積載量でグイグイ進む船の馬力やっばい 20分くらいで対岸へ到着

お昼ごはんはサラダにレンズ豆のスープ(あったかくておいしい)白身魚に春巻き!にピラフみたいなそばめし!短く切った麺とか米の形に近いパスタが混ざってて塩味なんだけどこれがまたおいしい トルコでのポピュラーな米の食べ方らしくてこの後も頻出アイテムでした 魚も美味しかった~!さすが港町

またバス移動してトロイの遺跡へ!様々な年代の人たちがこの地で暮らしたため遺跡が層になってるんですって 人間の地層…人類の歴史…10層って多すぎない?

ここから見える畑的な部分、この遺跡があった時代は海だったんですって そりゃこれだけ眺めの良い場所だったらみんな色々建てたいよね 前の時代の土台も使っちゃうよね 層にもなるよね わかる~

あのトロイの木馬も再現されていますが大きさも構造も全て想像で作られた木馬っぽいです そりゃ想像で作るしかないよね 伝説の木馬なので…

伝説の木馬の内部に入って記念写真を撮りました 字の如くおのぼりさん

トロイにも犬がいっぱい 観光ルートを一緒に歩いてくれたつがいがいて可愛かったな こっちを見るわけでもなく散策道から一緒に遺跡を眺めてくれました なにそれ かわいいじゃん

途中休憩を挟みつつ

(著者近影)ホテルまで移動~ 本日のお宿はアイワルクにある『グランドホテルテミゼル(GRAND HOTEL TEMIZEL)』 街並みがかわいいんだな ベッドの領地が平等では無かったので戦いが勃発しました これがトロイア戦争だ

勝者は私です 歴史は勝者によって作られる

飛行機で疲れた我々は到着して即ホテルにあるマッサージを申し込んだのですがこのマッサージがめちゃくちゃ良かった…!おかげで元気にトルコを周れました ダリアさん(担当してくれたお姉さん)ありがとう

晩ごはんはめちゃくちゃ豪華なバイキングだったのですがあらゆる料理を試したい気持ちが爆発した結果残飯みてぇな盛り方をしてしまい本当に申し訳ございませんでした これは全面的に私が悪いです

一応説明をさせていただきますとレンズ豆のスープにヨーグルト系のサワーペースト各種、煮た豆、スパイシー鶏肉、角煮のような牛肉の煮物、塩味のコメ、様々な味がして脳が生まれたてのようでした 本当に盛り方が悪い スイーツも美味しかったなー!!

晩ごはんの後はホテルのバーでビールを飲む マッサージ受けてバイキング楽しんでバーで飲むって豪遊じゃないですか…本当にありがとうございました…トルコのビールも美味しかったよ

そのまま風呂に入って入眠です 怠惰極まってやばいな おやすみ~

コメント